“アルルの寝室”(または “ヴィンセントの寝室”)は、オランダの画家ヴィンセント・ファン・ゴッホの油彩画3点とドローイング2点のタイトルです。

最初のスケッチは1888年のもので、作家が最初の自分の家、いわゆる「黄色い家」に引っ越してきた時のものです。当初、彼はここに芸術家たちが滞在し、お互いに支え合うことができる芸術家のコロニーを設立することを計画していましたが、ポール・ゴーギャン(すぐに口論になって家を出ていった)を除いて、誰もこの計画に賛成することができませんでした。

 

1888年9月にゴッホがこの家に引っ越してきたとき、ゴッホは自分の希望通りに壁を飾るための一連のキャンバスを作りました。

この仕事で完全に疲れ果てた彼は、数日間ベッドに閉じこもっていましたが、身体とは異なり、落ち着きのない精神は休むことができませんでした-これまであまり気づかれていなかった彼の寝室が、次の仕事の基礎となりました。

 

のテオに宛てた手紙には、このプロジェクトについて書いてあり、最初のスケッチも送っている。

“私の目はまだ疲れていますが、私の頭の中にはすでに新しいアイデアがあって、そのためのスケッチがここにあります…今回はシンプルに私の寝室ですが、この色はここですべてを行い、シンプルにすることでより大きな表現を与えることになっています。一般的には休息や睡眠を思い出させてくれるはずです。言い換えれば、絵を見ることで、脳というか想像力を休ませることができるはずです。”

 

初の意図(リラックスと静けさを表現するはずだった)に反して、ついにゴッホの個性が再び発揮され、キャンバスは神経質なエネルギーで振動しているように見えます。

この効果は、とりわけ、ゴッホが色を厚く塗り重ね、印象的なストロークで対象をシャープに描き出したことに起因しています。

また、ゴッホは独特の遠近法を選び、落ち着きのない印象をさらに強めています。

 

ィンセント・ファン・ゴッホはこの絵のモチーフをとても気に入っていたようで、現在では3種類のバージョンがあります。1枚はアムステルダムのゴッホ美術館にあり、2枚目(上の写真のバージョン)はシカゴ美術館にあり、ほぼ同じもの(画家が母と妹のために描いたもの)はパリのオルセー美術館に所蔵されています。

 

味深いのは、ゴッホが手紙の中で常にメインカラーであるバイオレット(紫)のことを書いていたことです。今日は壁が水色から青色に見えるので、これは特筆に値する。

そこで、シカゴ芸術大学のチームが絵の青い色の粒子を調べたところ、裏返した後も背中が紫色のままであることを発見しました。この結果は、他の2つのバージョンの絵にも見られました。

彼の絵画の色が退色しただけでなく、何よりも紫外線やLEDライトの影響でバイオレットが青に変化したのではないかと推測されています。

 

でに2013年に記載されている効果:すなわち、様々な絵画の中でゴッホの好きな黄色が茶色と緑のトーンに変更されていたこと。