ンディアンサマー」という言葉は、19世紀初頭から知られていました。

1800年頃までは、1年を夏と冬に分け、春と秋も「インドの夏」と呼ばれていたことを知っておきましょう。やがて、春には「若女将の夏」、秋には「老女将の夏」という呼び名が加わりました。

 

ちろん、地域的な特徴もあるので、”Ähnlsummer”、”Mettensommer”、”Nachsommer”、”Witwensommer”、”Michaelssommer”、”Allerheiligensommer”、”fliegender Sommer “などの言葉もあります。

しかし、我々の緯度では、ドイツ語圏だけでなく、ハンガリーやスラブ諸国でも「インドの夏」という言葉が定着していることがわかります。

 

方、フランスでは「été indien」(ニューイングランド地方の「インディアンの夏」に由来する)という言葉が使われており、1975年にジョー・ダッシンの同名の歌で広まりました。

一方、地中海沿岸の国々では、この時期を「セント・マーチンの夏」と呼んでいます。

 

まり、毎年9月中旬に始まり、遅くとも11月初旬には終わる、秋の好天が繰り返されるということです。

最大の特徴は、中欧上空に安定した高気圧が存在することで、夜は涼しく、日中はほとんど風のない暖かい日が続くことです。

 

の季節のもう一つの特徴は、いたるところで見られる細い飛行糸です。

これは、日中、暖かい土壌の上に軽い上昇気流が発生し、その上に若いアシナガグモが乗って、新しいテリトリーや冬を過ごすのに適した場所を探すために、空気中を移動するからです。

涼しい夜の後、細かい露が浮き糸や蜘蛛の巣に付着し、明るい朝の光に照らされてキラキラと輝き、銀色の長い髪の毛のように見えます。

 

い間、この銀色の糸がお年寄りの髪の毛を連想させると思われていたので、「インディアンサマー」という言葉が使われるようになったのです。

しかし、実はこの言葉の起源は別のところにあるのではないでしょうか。

 

高ドイツ語では、一方では蜘蛛の巣を編むことを表す「weiben」という言葉が使われ、他方では「wafting」や「fluttering」の同義語として使われていました。

今日では、この意味はほとんど忘れ去られていますが、このように考えると、Altweibersommerの「Weiber」は、年配の女性というよりも、蜘蛛の活動を指していることに気がつきます。

そうすると、むしろ「蜘蛛を織る晩夏」や「蜘蛛の巣をたなびかせる」という意味が生まれてきます。

 

民の間では、この蜘蛛の巣はエルフやノルンの巣とも考えられていました。

また、キリスト教国では、この糸は聖母マリアが昇天した際に身につけていたマントの糸であると信じられていました。

このため、紡績糸は「マリアの髪」「マリアの糸」「秋の糸」「夏の絹」「聖母の紡績糸」とも呼ばれ、インドの夏は結果的に「マリアの夏」「糸の夏」と呼ばれた。

 

ちろん、この “季節 “には他にも名称があり、その起源については諸説あるが、私にはこれらが最も興味深いと思われる。

いずれにしても、散歩の際にこの糸で汚れることを恐れてはいけない。古い伝統によれば、この糸が人の服に付着すると幸運をもたらすとされているからだ。

若い女性だけは気をつけてください。なぜなら、飛んでいるクモの糸が髪に絡まると、結婚が近いことを意味するからです。