1897年7月3日、ウィーンのランドマークの一つであるプラーターの観覧車がオープンしました。

 

ボール・シュタイナーは、「ウィーンのヴェネツィア」のサイトで、常にウィーンの新しい魅力を提供したいと考えていました。そこで彼は、イギリス人エンジニアのウォルター・バセットにこの地域を賃貸しました。バセットは、観覧車ジョージ・ジョージ・フェリスの発明者の特許を購入し、その後、ヨーロッパで4つの観覧車を建立していた。この世紀の変わり目に作られた最初の4つの観覧車のうち、現在も残っているのは、プラーターにあるウィーンの観覧車だけで、彼は8ヶ月以内にそこに建設しました。大人のための今日12ユーロ – 乗車は訪問者8 guildersを要した。

観覧車の高さは64.75メートルで、30個のゴンドラがありました。

大観覧車は、1914年にサーカスのディレクター、マダム・ソランジュ・ダタライドが映画のために馬に座ったまま馬車の屋根の上に乗ってターンしたことでセンセーションを巻き起こしました。

 

一次世界大戦中、ウォルター・バセットは収用され、観覧車はエドゥアルド・シュタイナーに競売にかけられ、彼は第二次世界大戦中にナチスに収用され、アウシュヴィッツ強制収容所で殺害されました。

第二次世界大戦で観覧車が大破した際には、ゴンドラの半分しか復元されなかったそうです。年に映画「3人目の男」が撮影されたときには、すでに観覧車が再び運行されていた(1947年から)ので、映画の中で見ることができます。観覧車が映画のセットとして使用されたのはこれだけではありません。ジェームズ・ボンドの映画『死のタッチ』(1987年)でも、この場所でのシーンがあります。

1953年、観覧車は3人のシュタイナー相続人に復活しました。

 

2002年からは「パノラマミュージアム」と呼ばれる展示室で、ウィーン・プラーターの歴史を描いた8両のレプリカ車両が展示されています。

観覧車は現在も個人所有です。2016年には、15台のワゴンが現代の技術を駆使した忠実なレプリカに置き換えられました。総重量は430トンを超えています。

 

(K.M.)