ュタイアーマルク州南部のワイン生産地を訪れると、いたるところに大きな風車があり、陽気に回るだけでなく、風が吹くと大きな音を立て、山全体が音で満たされていることに気づくでしょう。これはKlaptotetzeと呼ばれるもので、南シュタイアーマルクとスロベニアに広く分布しており、ここでは18世紀から案山子として使われています。

手書きで初めて言及されたのは1797年のことだが、伝説では16世紀には最初のクラポテツが建っていたと言われている。Klapotetzという言葉は、スロベニア語で「ガラガラ」を意味する “klopótec “に由来していることから、その起源はおそらくスロベニアにある。また、クラポテツが置かれているCelje近郊の城の美しい写真もあります。

 

味深いのは、風車のデザインで、鳥の生態に与える影響を長い間経験し、よく観察していることがわかります。オリジナルのクラポテツを作るには、4種類の木材が必要だ。8枚の翼を持つ風車(スロベニアでは通常6枚のみ)は、弾力性のある木が構造に最も適しているためスプルースで作られ、ブロックにはアッシュやクリが使われ、マレットにはブナが使われ、叩き板には果樹(通常はチェリー)の木が使われている。

伝統的には、後端に白樺の小枝で作られたブッシュがあり、これが常に風車を風に向かわせています。

 

日、このランドマークは、南シュタイアーマルクのワイン生産地域のいたるところで見聞きすることができ、この地域の非公式なエンブレムのようなものになっています。

ちなみに、スロベニアとオーストリアの辞書では「der」Klapotetzとなっていますが、南シュタイアーマルクでは「die」Klapotetzと言います。これはおそらく、もともと「die Windmühl」という言葉が使われていて、それが「die Klapotetz」に変わったことに由来します。