1477年 8月 19日:ハプスブルク家のマクシミリアンと ブルゴーニュ家のマリアとの結婚。

ブルグントの若き公爵夫人メアリーは、多くの人に求められていました。ブルゴーニュ公国(ブルゴーニュ・オランダを含む)にとって、ブルゴーニュ公国は豊かな国であり、彼女は唯一の相続人であった。

 

5歳の誕生日から自ら申し出た結婚候補者は、例えばアラゴン王、ロレーヌ公、クレベス公、ゲルダーズ公、フランス王太子、フランス王の弟などであった。

不思議なことに、結婚候補者の中には突然死した人もいて、毒殺の噂が流れています。

 

かし、ブルゴーニュ公シャルルには特別な結婚式の計画がありました。そこで1467年、彼は神聖ローマ皇帝であるハプスブルク家のフレデリック3世と交渉し、フレデリックが王国を王権に引き上げるならば、フレデリックの息子マクシミリアン(1459年~1519年)と娘のマリア(1457年~1482年)を結婚させることにした。しかし、シャルルは1477年のナンシーの戦いで亡くなり、後にそのニックネームを得ることになる彼の大胆さは、彼の命を奪った。

メアリーの名付け親であるフランス王ルイ11世は、現在ブルゴーニュを併合しており、メアリーの後援者を装っている。ブルゴーニュ公国を自分のものにしようと決意し、わずか7歳の息子で王位継承者のシャルル(8世)にメアリーの婚約を要求した。 しかし、マリアはこの方法には同意しませんでした:彼女はエステートとブリトン人に助けを求め、皇帝の息子マクシミリアンとの結婚計画を主張しました。彼女は彼に手紙を書き、「私たちのことを考える限り、父の決断に従うことが私の確固たる意思であり、あなたに忠実な妻になることが私の意志であることを疑ってはならない」と述べた。”きっとあなたも私に対して同じ気持ちを持っていると思います” さらに、彼が一日も早く彼女の元に来てくれますように。1477年5月21日に出発したマクシミリアンは、8月18日にヘントに到着し、そこで新郎新婦は初めて出会った。

 

クシミリアン自身、生前に出版・印刷された3冊の自伝的書物のうち、唯一の1冊である『テウルダンク』の中で、長い旅路を描いています。マクシミリアンの「最後の騎士」という諡号にふさわしい、冒険小説のような本です。主人公のテアダンクは、花嫁ミス・エルンライヒのもとへの旅路で様々な危険に直面しなければならない。

若いカップルは、マクシミリアンがヘントに到着したその日に結婚契約書にサインをし、それによると、お互いに平等に君臨することになっていた。翌日の1477年8月19日、結婚式が行われました。マクシミリアンのもう一つの小説「ヴァイスクーニヒ」では、結婚式の祝宴の様子が描かれています。結婚して間もなく、マクシミリアンは妻との共同摂政として即位し、金のフリース勲章の君主に任命された。この秩序は、ハプスブルク家の最重要家令となることになった。

 

ランス国王は激怒した。彼はブルゴーニュを 全力で支配しようとしていた 結婚後、15年に及ぶブルゴーニュ継承戦争が勃発した。

一方で、結婚は幸せなものでした。二人は乗馬や狩猟、チェスをするなど、共通の趣味を持っていた。マクシミリアンは、美しく賢い妻を気に入っていた。

2人には3人の子供がいました。

– フィリップ(「フェア」として知られる):1478-1506。
– マーガレット:1480-1530
– フランシス:1481

しかし、1482年3月6日、マリアはBeizjagdの最中に馬から転落し、わずか25歳の若さで死亡しました。彼女はブルージュの聖母教会に埋葬された。マクシミリアンはもう一回結婚したが、それは単なる都合の良い結婚だった。最愛の第一夫人の死を乗り越えられず、心を石棺に埋めてもらった。

 

プスブルク家とブルゴーニュとの関係、特にウィーンの財務省には、今でも多くの思い出が残っています。

オーストリア国立図書館には、ブルゴーニュのマリアの時間の書、「テウルダンク」と「ヴァイスクーニッヒ」のコピーが所蔵されています。

インスブルックの宮廷礼拝堂にあるマクシミリアンの慰霊碑には、マリアのブロンズ像があります。

 

(K.M.)