ーマは愛の都、千匹の猫と七つの丘だけではありません。いや、「ローマ・カピターレ」は千の泉の街でもある。

もしかしたら、これらの不思議な構造物の本当の歴史を書く時間を持っている研究者がいつか見つかるかもしれません。これらの物語のほとんどはすでに時の流れに流されてしまっているので、それは巨人を呼ぶ仕事になってしまいます。

スペイン階段のふもとにある有名なバルカッチャの泉(Fontana della Barcaccia)は、ピエトロ・ベルニーニによって1627年から1629年の間に建設されました。

 

の構造の物語は、すぐに語られます。1598年、ティベレ川が氾濫し、街全体が壊滅的な被害を受けました。クリスマスイブの日、水が徐々に引いていき、現在の噴水のある場所には、はしけが立ち往生していました。そのため、ベルニーニは座礁した船の形を利用することにした。

現在もスペイン階段には、ここで出会った若者たちが仲間と一緒に時間を過ごすために、多くの人で賑わっています。その合間には、階段だけでなく、バルカッチャの泉に立ち寄る観光客も数え切れないほどいます。

 

ウェーデンの語り部であるH.Ch.アンダーソンが200年以上前に行ったように、噴水について次のように述べています。

“ティベレ川はかつて高く上昇してこの場所に船を流したが、突然水が沈み、今の噴水のある場所に船は残っていたという。噴水の絵を描くことになったミケランジェロは、座礁した船をモチーフにしているので、丸い盆地には石の船が見え、そこから水が湧き出ている。