ーンカウンターとは、何をするにも正確さを衒いなく突き詰めた人のことを言う。

この言葉の起源は、現在でも人気のある旅行ガイド「ベーデッカー」の “生みの親 “とされる出版社・書店の社長、カール・ベーデッカーの生涯にあると考えられています。

 

学的なまでの冷静な正確さで、当時の旅行文学の書き方に革命をもたらしたからだ。

彼は、外国の記録や言い伝えに頼るのではなく、広範囲な旅の中で自ら現地の状況を探り、旅先での「変」を描写し、宿や旅先での立ち寄り先、人気のあるホテルなどの価格や提供物を綿密に記録した最初の人物である。

彼はミラノの大聖堂にも登りました。知人は、彼が20歩歩くごとにウエストコートのポケットから乾いたエンドウ豆をズボンのポケットに入れていたことを観察していました。そのため、簡単な掛け算をするだけで、正確なステップ数を把握することができた。

彼は “ピーズ・カウンター “と呼ばれるだけあって、降りるときには当然カウンターチェックをして、すべてのピーズをズボンのポケットからウエストコートに戻していた。

 

の話はいいとして、ビーンカウンターという言葉はもっと昔から使われていた。1668年にはすでに、グリンメルスハウゼンの小説「シンプリシマス」の中で、元々の意味である「ケチでケチな人」の同義語として登場しています。

そして、この言葉の起源は、実にさまざまな場所にあり、1480年のミュンヘンの街にある。

 

時、ミュンヘン・フラウエン教会の建設が本格化していたが、想定していた費用をはるかに超えてしまったため、教会は他の収入源を探さなければならなかった。

そのため、教皇シクストゥス4世は、ミュンヘンに巡礼した人は、免罪符を求め、少なくとも1週間分の給料を寄付することを条件に、すべての人の罪が免除されると定めました。

 

の甘えの商売はすぐに成功し、奉行は寄付者の数を把握できなくなった。

そこで彼らは、イザール門(フラウエン教会への唯一の道)を通過する巡礼者のために、バケツに豆を投げ入れる人を雇うことを思いついた。

この仕事をしたことで、彼は「ピー・カウンター」という美しい名前をつけられた。