1858年、ジャコモ・プッチーニはトスカーナ北西部の独立共和国ルッカに生まれました。オリーブの木の丘と城壁に囲まれた伝統的なカトリック、ブルジョワ、エレガントなこの街で、プッチーニはオペラとその物語を再興します。工業化の始まりと、その結果として大量に出現した労働者階級は、長年の肥大化した地域の生地をひっくり返した。ロマンティックな魂を持った若い作曲家は、商人や巡礼者よりも民衆を身近に感じている。彼のオペラ「トスカ」「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」では、庶民がそれぞれの物語の主人公になる。日常生活の中での彼らの深い思いは、プッチーニの音楽を通して壮大なものになっていく。

 

20世紀初頭のルッカの街では、ブルジョアジーと商人は少数派であったが、非常に強力であり、大きな財産に恵まれていた。美しいファサードの数々がそれを物語っています。しかし、人口の大部分は、新興工業化に徐々に参加した農民であった。

 

ッチーニは教会の音楽家の家系から来ました。尊敬されていましたが、質素な生活を送っていました。ジャコモの幼少期や青年期の友人は庶民から来ていて、その人たちは当時すでに彼の最初のオペラの主人公だった。ルッカ – 100の教会の街 – フランシゲーナ通りにあります。ローマへの巡礼路です。ここでは昔から多くの教会音楽が聞かれてきましたが、プッチーニもオルガニストとして最初に稼いだお金を持っています。この音楽は彼の生涯の伴奏であり、彼のオペラにも登場することになる。トスカでは、テ・デウムのドラマトゥルギーのクライマックスでオルガンが伴奏楽器として重要な役割を果たしています。

感情の爆発と大きな情熱はプッチーニの全作品を貫き、オペラの舞台から離れた作曲家の人生を決定づけるものでもあります。彼はトッレ・デル・ラゴという小さな村で、スキャンダラスなまでに結婚生活を破綻させた愛人と多くの時間を過ごす。そこで彼は「マダム・バターフライ」を書いていますが、おそらく、果てしなく打ち寄せる波の音と葦の中の風のざわめきに触発されて、第二幕の鼻歌のような優しいコーラスを書くようになったのではないでしょうか。

 

熱、裏切り、愛、死……これらは人の心に触れるものです。そして、プッチーニは彼らをユニークで新しいタイプの音楽でステージに連れてきました。

 

(A. W. )