在は博物館となっているユンカーハウスは、カール・ユンカーによって建てられた2階建ての半木材の家で、完成当時からレムゴの観光名所の一つとなっています。

カール・ユンカーは1891年から1912年に亡くなるまでこの家に住み、常に内装に手をかけていました。住宅であると同時に、芸術家の家でもあり、同時に総合芸術作品でもある。

 

ール・ユンカーは1850年にレムゴで生まれました。幼少期に両親を亡くし、祖父と一緒に育った。高校卒業後、大工見習いとして修行。その後、専門的にハンブルクに2年間滞在した後、ミュンヘンで美術を学ぶ。6年後、2年間のイタリア旅行に出発し、ドイツ美術アカデミーに入学し、イタリア国内の遺跡のドローイングを多数制作した。イタリア旅行の影響は、彼の家にもはっきりと表れています。

1883年頃、彼はレムゴに戻りました。8年後、当時の町外れの土地に家の計画と設計を始めた。

 

の中も外も木の装飾品や絵画、装飾品や彫刻で一面に覆われています。それは文字通り、非常に異なっているので、瞬時に目立ちます。多くの人はそれをおとぎ話の家と呼んでいます。ジャンカーは亡くなるまでの20年間、塗装、彫刻、固定、装飾をしていました。真昼間でも家の中は暗く、圧迫感があり、木の匂いがして少しカビ臭い。

生前、彼の家にはある時は入れず、食べ物は玄関の前に置かなければなりませんでした。暗闇の中だけで家を出た。ジャンカーは、彼が子供を持っていなかったが、彼の家には、他のものの間で、子供と両親の部屋、客間と玉座の部屋を備えた、彼は夫や父親ではなかったが、めったにゲストを受信し、確かに彼の玉座の上に一人で座っていた…

 

は変人で一匹狼ではあったが、精神病患者ではなかった。彼はおそらく孤独な男で、家族や安全など、ある種の憧れを持っていたのでしょう。

彼はかつて知人に「新しいスタイルを発明する」と言ったことがある。人はすぐには理解してくれないかもしれません。音楽でリヒャルト・ワーグナーのようになります。しかし、後になって、50年後、100年後には、私のことを理解してくれるだろう。”

そして確かに、カール・ユンカーの絵画的、彫刻的な作品は、アウトサイダー・アートという文脈で今、国際的に注目されています。

 

者の研究によれば、ユンカーのオヴュール全体としての統一性は、建築、絵画、彫刻作品という点で、ユンカーの原点にある経験であるという。

この家を訪れることは、間違いなく他では味わえない体験です。

 

(A.K.)