キリスト教の象徴主義では、数字の三が重要な役割を果たしていますが、私は三王や三位一体(父、子、聖霊)の例を考えています。

そのため、「三方良し」ということわざは、キリスト教にルーツがあるか、何らかの形でキリスト教の宗教と関係があると思われがちですが、「三方良し」ということわざは、キリスト教の宗教と関係があるのでしょうか?

しかし、実はこの言葉の根源はどこかにあるのです。

 

それを理解するためには、一歩引いて、古代末期のヨーロッパについて簡単に語らなければならない。

当時、北欧の大部分を定住していたゲルマン民族は、ローマ帝国とは異なり、絶対的な支配者の下で厳格な組織を持たなかった時代です。

彼らの部族は、王子や王の下に集まってはいたものの、絶対的な支配権を与えられたことのない自由人たちの、むしろ緩い結社であった。

それよりも、政治的な決定から司法の運営に至るまで、すべての重要事項について会議を開き、その地域のすべての人を招待して、部族の問題について対等な立場で投票を行うことが習慣となっていました。

 

これらの会議は、Thing(Thingは古い名前で、後に、特に今日のドイツの南部では、彼らは丁と呼ばれていました)と呼ばれ、厳密に形式化されていました。

彼らはいつも野外で(多くの場合、特別に選ばれた木の下で)、通常は尾根の上で、常に昼間に行われました。様々な情報源によると、「もの」は常に3日間続くべきだとされています(またしても数字の3の意味)。

 

ローマの歴史家タチタスは、彼の著書「De origine et situ Germanorum」の中で、物事の経過について書いています。

これによると、初日は酒を飲むことが多く、政治や軍事の重要事項を酒の影響下で自由に議論できるようになっていたという。

しかし、決断が下されたのは、男たちが再び酔いが覚めた翌々日のことだった。

 

すでに述べたように、これらの会議でも正義は宣告されていました。

被告人は、自己弁護をするために、三回、事物に出頭して裁判官の前で自己弁護をする機会を与えられた。

3回目の裁判にも出廷しなければ、不在のまま有罪となった。

 

つまり、原告にとっては自動的に勝訴していたということです。

そこから、時を経て、「すべての良いものは3つになる」という言葉が生まれました。少なくとも勝利した検事にとっては。