ーストリアの林業家であり、船のプロペラを開発したヨーゼフ・ルートヴィヒ・フランツ・レッセルは、1793年6月29日生まれ。

 

ヘミア出身のヨゼフ・レッセルは、1812年から1816年の間、ウィーン大学でキャメラ学、農学、一般技術、化学、機械学、水理学、土木建築を学びました。

1817年には林業家として官職に就き、1835年にはヴェネツィアとイストリアで海軍に入隊した。空気管や船のプロペラなどの技術発明に取り組んだ。

 

1827年2月11日、彼はオーストリアで「端のないねじに似た車輪の発明」の特許を申請した。”これは、1)何らかの外力によって水中で運動し、海や湖、さらには川で船を引っ張るために使用することができ、2)船や風車の駆動輪として”

オーストリアのスクリュー蒸気船会社を設立しようとしたが失敗し、その後1829年にパリに渡り、別のスクリュー船を建造した。しかし、プロペラの使用に関する契約を締結していなかったため、実行会社が発明品を差し押さえた。このように、彼はそれから利益を得ることができず、失望し、森林学者としての彼の仕事に戻り、1857年にリュブリャナで死亡しました。

彼は死後、その功績を称えられました。

 

ィーンでは、カールスキルヒとTUの前にあるレッセル公園は彼の名を冠したもので、アントン・ドミニク・フェルコンの記念碑が作られ、1863年1月18日に除幕式が行われました。

オーストリアの500シリング紙幣にも描かれている。

 

(K.M.)