それは、地平線上の気象的な輝きのように始まり、たった15年しか続かないであろう旧大陸の顔を永遠に変えてしまうような奇妙な光景だった。

 

コルシカ人の浮浪者は、かつて西洋の最も強力な王座であったものを征服し、古い生得権が中断されたり、不本意な国が単に征服されたりするように、ここで新しい支配者を戴冠し、古い君主の土地を嵐のように席巻しました。

 

こうしてナポレオン・ボナパルトは、若くしてハプスブルク家からロンバルディア地方を奪い取り、ミラノをシザルピン共和国の首都とし、フランス共和国の一部とした。

しばらくの間、国は再び「第二次連合戦争」で失われることになったが、マレンゴでの勝利でナポレオンはイタリアを完全に取り戻すことができた。

 

ミラノの再征服を祝う舞踏会を開いたとき、彼はイタリアの客人たちに、その間に多くの美術品が略奪されたことを伝えた。

彼はイタリア語で「Glie italiani sono tutti ladroni」(「すべてのイタリア人は泥棒だ」)と言った。

これに対してカラッチョロ伯爵夫人は、「すべてではありません、閣下、ma buona parte」(「良い部分だけです」)という鋭い発言をした。