17世紀初頭、アムステルダムはヨーロッパで3番目に大きな都市であり、大陸の金融の中心地として知られていました。この地で設立された「ヴェレニッヒデ・オースト・インディッシェ・カンパニー」は、アメリカ、アジア、アフリカにまで船を送り込み、初期の世界貿易ネットワークの基礎を築きました。

 

アムステルダムに移り住む人が増えるにつれ、新しい家が建てられ、街は周辺地域へと拡大していきました。

その過程で、それまで純粋な防御溝であった既存の水路(運河)が拡張され、多数の新しい水路が作られた。

 

現在では純粋な軍事施設ではなく、ウォーターフロントに直接建てられた多数の商人や倉庫との間で物資を輸送するために使用されていました。また、都市拡張の際に埋め立てなければならなかった湿地帯の水抜きにも役立った。

 

この街で最もよく知られ、最も美しい場所は、アムステルダムの裕福な貴族や商人たちが住んでいた「ゴールデン・ベンド」(Gouden Bocht)であり、「ボハトで最も美しい家」としても知られる「ハウズ・ド・ヌフヴィル」のような最も壮大な建物が建っている場所です。