勢力は、革命的なフランスに対して共同で行動することに、しぶしぶながら同意することができた。フランスの巧みな戦術によって「第一次連合」が講和に追い込まれた後、ロシア、イギリス、ハプスブルク帝国が再び団結してフランスに対抗するまでには何年もかかった。

 

イタリアでの最初の成功の後、再びナポレオン将軍と対戦したが、彼は当時でさえ無敵の栄光に包まれていた。

1800年6月14日、アレッサンドリア県の村マレンゴの戦いで、ついに敵を完膚なきまでに叩きのめしたのである。

 

いの後、勝利した将軍はお腹を空かせていたが、戦いの混乱の中で、台所用の馬車とすべての物資を失ってしまったのだ。そこで、ナポレオンの専属料理人であったデュランは、兵士たちに何か食べられるものを持ってこさせることにした。伝説によると、鶏肉、キノコ、タマネギ、そしてザリガニを持ってきたという。

この料理は、現在でも「チキン・マレンゴ」として世界中に知られている。

ナポレオンはこの料理を大変気に入り、デュナンは何度も何度も作り直した。成分表の変更は許されず、いつしかナポレオンのお守りのような存在になっていた。

 

説によると、ワーテルローの戦いの前に、皇帝はザリガニ抜きの料理を用意されたそうだ。その結果はよく知られている.