2013年の洪水よりもひどい、この千年紀で最悪の自然災害の一つは、間違いなく1342年のマグダレンの洪水です。

大洪水が起きた1342年7月22日が、カトリックの聖人カレンダーでは「聖マグダレンの日」であったことが名前の由来となっています。

 

の大惨事の深い原因は、当時ヨーロッパを襲った大規模な気象変動であった。

現在、研究者の間では、1275年から1300年の間に始まった小氷期と呼ばれる時期に、夏が急激に冷え込んだことなどが語られています。

その結果、大陸は劇的な作物の不作、経済の崩壊、飢饉に見舞われました。特に注目すべきは、1315年から17年にかけての大飢饉と、1338年を中心としたイナゴの大襲来です。

 

1341/42年の冬は氷のように冷たく、大量の雪が降りました。急に雪解けが始まり、大量の雪が溶け始めると、最初の洪水が発生し、カレル橋の前身であるプラハのユディット橋が流されてしまいました。

春から初夏にかけても雨が多かったのですが、最後に猛暑がやってきて、土が乾燥して水分を吸収できなくなってしまいました。

 

うやく雨が降ってきたとき、人々は「少しでも収穫物を残せるように」と願った。

しかし、7月19日から22日にかけて、空から大量の雨が降り注ぎ、土が水を吸収しきれず、川は猛烈な勢いで流れた。

数え切れないほどの家や建物が流され、ドナウ川、ライン川、マイン川などの大河に架かるほとんどの橋が破壊され、ドナウ川流域だけで6000人以上の死者が出ました。

 

かし、農業にとってはそれ以上に悲惨な結果となった。

水が土壌を押し流し、数時間のうちに約130億トンの肥沃な耕地が失われました。これは通常の気象条件であれば2000年かかる量です。

その結果、大規模な飢饉が発生し、ただでさえ弱っていた人々がさらに病気にかかりやすくなってしまった。そのため、1346年から1353年にかけて、現在のドイツで人口の約3分の1が失われたペストの流行も、この洪水によって促進されたと考えられます。

 

時の目撃者は、この洪水をこう表現しています。

“その夏には、私たちのゾーンの地球の全周にわたって、非常に大きな水の氾濫がありました。それは、土砂降りではなく、どこからでも、山の頂上からでも水が湧き出てくるようなものでした。[…. ドナウ川、ライン川、マイン川は、塔、非常に強固な壁、橋、家、都市の防波堤を運び去り、天の水門が開き、ノアの600年目のように雨が地上に降り注いだのです。ノアの生涯の年(…)、ヴュルツブルクでは、マイン川が橋を激しく破壊し、多くの人々が住居を追われた。”

 

出典:Curt Weikinn, Quellentexte zur Witterungsgeschichte Europas von der Zeitwende bisum Jahr 1850, Akademie Verlag, Berlin 1958; 翻訳:筆者