ページを選択

ランデンブルク州とザクセン・アンハルト州の境界地域にあるフレミングは、歴史的に成長した文化的景観であり、ドイツ料理の中で最も興味深いクリスマスの焼き菓子の1つであるクレムクーヘンが見られます。1157年にアルブレヒト1世(熊のアルブレヒトとも呼ばれる)によって、フランドルからの入植者がこの国に持ち込んだ。(Albrecht the Bearとしても知られています)。長年の苦闘の末、1150年にすでに譲渡されていたマーク・ブランデンブルクを軍事的に平定し、1157年10月3日に初めて「アデルベルトゥス・ディ・グラティア・マルキオ・イン・ブランデンブルク」[1](ブランデンブルク侯爵)を正当に名乗ることができるようになると、国の発展を推し進めるために野心的な開拓政策を開始しました。現在のオランダやフランダースからの入植者は、この土地にとって最も重要な存在でした。というのも、彼らの堤防建設の経験があったからこそ、エルベ川やハーフェル川沿いの地域にも入植することができたのです。

 

レミングでは、今でも彼らの習慣が残っており、その中でも特に美しいのが「クラムクーヘン」の焼き上がりです。その生地を「クランプ」に詰めて、直火で焼き上げます。というのも、伝統的なトングは数キロの重さがあり、焼き上げる際には「クランプ」と呼ばれる押し付け方をしなければならないからです。その代わりに、やや平べったいながらも精巧な「ケーキ」が用意されています。なぜなら、このクランプは内側に精巧な装飾が施されているからです。

そのため、このケーキだけでなく、「クランプアイロン」も地元の文化となっています。最も古い例はダーメの郷土史博物館にあり、1571年に遡りますが、この博物館では、あらゆる世紀の約80の例を見ることができます。かつては、地元の鍛冶屋が作っていたもので、花嫁は皆、自分の分を受け取って新しい家族のもとへ持っていった。

 

 

[1] “Albrecht I”; オンラインソース。ウィキペディア
Image: CC4.0; © Museum im Mönchenkloster Jüterbog & Dietmar Fuhrmann; link to licence