ページを選択

1380年頃、マリーフレッド地区に数多くの領地を取得していたスウェーデン帝国の評議員であり、地主でもあるグリップ家の一員であるボー・ヨンソンは、この地(小島に戦略的に位置する)に城を築くことを決意しました。

 

の後の150年の間に、この城には多事の歴史がありました。それはデンマークの女王マーガレット1世によって取得され、ハンス・フォン・エヴェルステン伯爵(その廷吏は、それがすぐに “エンゲルブレクト “の反乱の過程で焼失した)に誓約され、さらに所有権の変更の後、最終的に近くの修道院、チャーターハウス・マリエンフレッドに遺贈されました。

 

かし、約30年後に再び王家に没収され、1525年にはグスタフ1世ワサが定住地をグリプショルムに移すことを決定しました。そのため、彼は城を拡張し、要塞にグレードアップさせた。

最も重要な変更点は、今日でも建物の顔を特徴づける4つの強大な塔が追加されたことです。そのうちの一つは、やがてグスタフの住居として仕えることになった。

 

の死後、エリック14世は長い間中断しながらも城の建設を続けました。当時は、城郭としては不向きであり、代わりに刑務所として散発的に使用されていました。

例えば1563年から1567年の間には、弟のヨハン3世と妻のカタリーナ・ヤギェロニカをここに投獄させています。1571年、ヨハンは退位した兄エリックとその家族を城に監禁した。

 

終的に1573年6月13日、エリックはグスタフ・ヴァーサの息子で後のカール9世(正式には天井の修理が必要なため)に捕虜として連れ出されました。

また、ここに有名な大広間を建てさせたのはシャルルであり、現在はグスタフ・ワサの全身像を見ることができます。

 

代の流れの中で、グスタフ3世がここに私設劇場を建設することを思いついた時など、宮殿は何度も変更され、時代の流れに合わせて調整されていきました。

19世紀後半には、最後の大規模な修復と改造が行われました。しかし、これらの作品の制作過程で、1600年頃以降の変化をすべて逆にしようとしたところ、猛烈な反発があり、プロジェクトは頓挫してしまいました。

 

の結果、数世紀にわたるスウェーデンの文化史を反映した傑作建築として保存され、現在は観光客に開放されています。