ページを選択

サックは今日、ロシア人の原型と考えられている。しかし、資料を見ると、まったく違う歴史が描かれています。

その名の通り(コサックとは「自由な戦士」の意)、彼らは自由な騎馬民族の共同体であり、草原で農民や街道を行く者として生活し、隣人との諍いが絶えなかった。

しかし、彼らはこの地に定住した独立した民族ではなく、逃亡したロシアやウクライナの農奴たちが南の草原地帯のこの地に集まり、自由な共同体を形成していたので、コサックという包括的な言葉が使われたのである。

 

本的には2つの大きなグループに分けることができます。

一方では、ポーランドの王や貴族の権力から逃れ、ドニエプル川の急流やウクライナの黒土地帯に集まった人々がいる。

17世紀にはその数が多すぎて、ポーランド、ロシア、オスマン帝国の間で国家を形成し、ポーランドの王室と絶えず戦争をしていました。

 

かし、ドン川やヴォルガ川などの東側の国では、主にロシア帝国からの難民が多かった。

ここで16世紀以降、彼らは自分たちの共同体や集落を作り、ツァーリの利益のためにアジアの馬の遊牧民に対抗する防衛的な正規の農民となった。

 

18世紀まで、ロシアとウクライナのコサックは共にツァーリスト帝国から独立していたが、それは彼らの歴史だけで説明できる。

しかし、その軍事的価値が認められ、徐々にロシア軍に組み込まれ、19世紀の間に帝国を支える柱の一つに成長していった。

これは何よりも、カザークが自分たちを真のロシア人らしさを体現する一種の世襲戦士階級と見なし、皇帝に対してのみ義務を感じていたことによるものである。

 

合戦争やナポレオンのロシア遠征では、簒奪者に対する最終的な勝利のために主導的な役割を果たしました。

このことは、貴族の将校たちも認めていた。コサックの介入は、一般的な民衆の反乱の一部であり、それが勝利の真の理由であると考えていたからだ。

 

らにとって草原の自由な騎馬民族は、当時の独裁的な体制に対するアンチテーゼを示すモデルであり、旧ロシア社会から抜け出した人々が、その健全な根源へと姿を変えていくという不思議な状況が生まれたのです。

“民衆の戦いでは、共通の言葉を話すだけでは不十分で、礼儀作法や服装も民衆のレベルに合わせなければならないことを理解した。農民のカフタンを着るようになり、髭を生やし、聖アンナ騎士団の代わりに聖ニコラスの像を身につけた」と、コサック部隊を指揮していた幹部が告白している。

 

帝を真のロシア人の原型とみなし、カザーク全体の最高の「ヘットマン」と宣言することで、草原の「自由な戦士」は皇帝と精神的な同盟を結んだ。

しかし、彼らは長い間、それで社会の一員として文明人になったわけではない。

1813年、ナポレオン軍の追手として中欧に現れた数少ないカザークは、北ドイツの人々に100年後も「カザークの冬」と恐怖と嫌悪感をもって語られるほどだった。