ページを選択

にクリスマスの時期にシナモンスターの話をすれば、誰もが目を輝かせることでしょう。シナモンのエッセンシャルオイルは、私たちを落ち着かせ、リラックスさせ、その香りは私たちを遠い昔の子供時代に連れて行ってくれます。しかし、それ以上に重要なのは、スパイスそのものが私たちの文化的記憶に深く刻み込まれていること、そしてその所有が常に安全、繁栄、権力の代名詞となっていることだと思います。

18世紀に入ってからは、西洋で最も高価なスパイスの一つであり、このような希少価値のある珍味を買う余裕のある人はごく限られていました。そのため、一般の市民は、1525年にアウグスブルクの商人アントン・フガーがシャルル5世の約束手形をシナモンスティックの火で目の前で燃やしたような行き過ぎた行為を、理解できない驚きをもって見守るしかありませんでした[1]。これは、この世界でも想像を絶する出来事であり、富と権力と退廃のほとんど大胆な兆候でした。

 

ャルル5世については後述しますが、シナモンの星について書かれた最初の記述は、彼の名前と直接結びついています。その前に、私たちの歴史を少しご紹介したいと思います。

シナモンをはじめとする数多くのスパイスが、アレキサンダー大王の遠征時から使用されていたことや、古代ローマ時代にはすでにアジアとの活発な交易が始まっていたことは、ほとんど誰も知らない。10世紀に入り、長期にわたる平和と繁栄をきっかけに、この貿易は活発化していきました。ラグーンの都市ヴェネツィアは、香辛料貿易のチャンスをいち早くつかみ、東洋と西洋を結ぶ中継地として、西洋の主要国の一つとなりました。しかし、シナモンやそれ以上に重要な胡椒の貿易がヴェネツィアを経由しただけでなく、ジンジャーやナツメグ、クローブなどの香辛料も取引され、仲買人を介してヨーロッパの最果ての地に届けられました。

フランスの社会史家フェルナン・ブローデルが「香辛料の狂気」と称したように、その後の数世紀の間に、これらの香辛料は実に贅沢に使用されるようになりました。これは、ヨーロッパの支配階級の豪華さや派手さを互いに凌駕することを意味しており、それは特に食事に顕著であった。そのため、ブルゴーニュ公爵の結婚式では、料理人が200kg近い胡椒を使ったというような大げさな話もありました(他の高級食材に加えて!)。

禁欲主義を掲げながらも、より高い目的のためには規則を破り、貴族のように贅沢に香辛料を使うことを厭わなかったのです。早くから、キリストの誕生を祝うために、修道士たちは主の到来を喜び、最も高価な材料を使って精巧な焼き菓子を作る習慣がありました。そして間違いなく、シナモンはその一つでした。そのため、12世紀半ばにクリスマスケーキにこのスパイスを初めて使用し、シナモンスターを発明したのは、ノッセン近郊にあるアルトゼラ修道院[2]のシトー派の修道士たちだったと言われています。

 

かし、この日のことを記した文書は存在しないため、シナモン・スターの「本当の」誕生については別の説がある。例えば、ドイツのお菓子研究家であるイレーヌ・クラウス氏は、その誕生を16世紀としていますが、これは正確な年代が初めて確立されたからであり、先に述べたようにシャルル5世にまで遡ることができます。

 

 

 

[1] 少なくとも、フガーの研究者であるリチャード・エーレンバーグは、この話が架空のものであると指摘している。実際には、非常に早くから様々な商人に関連して同じような形で登場しており、アントン・フガーへの言及は17世紀末に人為的に作られたものに過ぎない。
[2] Altzella Monastery(元々はCella、より正確にはCella Sanctae Mariae, Altenzelle, 現在のAltzella)は、かつてのシトー会修道院です。