ページを選択

界的に有名なオックスフォード大学とケンブリッジ大学に加えて、イギリスには第三の大学があります。

 

16世紀にはすでにヘンリー8世は、この場所に大学を設立しようとしていました。しかし、約100年後のオリバー・クロムウェルのように、彼は失敗し、ダラム大学の門戸が開かれるのは19世紀の初めまでかかっていました。

1832年に議会法によって大学が設立され、1837年にはロイヤル・チャータ(英国王から授与された特別な地位を与えられる賞)を授与されました。

 

学はその後、以前は司教の住居として使用されていたダラム城に移転しました。

1846年には、いわゆる「ビショップ・ハットフィールド・ホール」が開設され、イギリスの歴史上初めて、学生のための手頃な価格の宿泊施設と食事を提供しました。

しかし、学生の身体的な幸福と個人的なニーズを見守るために、学生が使用人を連れてくることが期待されていた。

 

の後、1852年頃には医学部、1871年には「物理科学部」が設置され、大学は大規模に拡張されました。

現在では、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学と並んで国内有数の大学となっており、2005年にはサンデー・タイムズ紙からイギリスの「ユニバーシティ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれています。