ページを選択

1905年にニースで生まれ、1991年にヴァランシエンヌで亡くなったウジェーヌ・ボッツァは、ヴァイオリニスト、作曲家、指揮者として活躍しました。イタリアから来た父親から初めてバイオリンのレッスンを受けた。

ウジェーヌはすぐにパリ音楽院の入学試験に合格し、1924年にはバイオリンで1等賞を獲得した。ヴァイオリンの勉強を終えた後、作曲のクラスに入り、1931年には同クラスで1等賞を受賞し、1934年には1幕の叙情的な幻想曲「ルークマーニのレジャンド」でついにローマ賞を受賞しました。

彼は、バイオリンを弾く以上に指揮をするようになって久しい。

1939年から1948年までは、コミック・オペラの首席指揮者を務め、最終的にはヴァランシエンヌに移り、1951年から1975年まで国立音楽学校を指揮した。

 

れは、かなり乾いた、刺激のない履歴書であり、その履歴書の後ろにいる人が私たちのために作曲した、偉大で輝かしい、そして喜んで演奏された音楽のイメージをほとんど与えないものである。

ボッツァの作品は高度な楽器編成を特徴としていますが、この作曲家をフランスにおける同世代の最も重要な作曲家の一人として位置づけているのは、それだけではありません。

実際、彼の作品はほとんどすべてのジャンルを網羅していますが、中でも室内楽の部分には目を見張るものがあります。特に私たち管楽器奏者は、数多くの美しいレパートリーを持っています。

ボッツァの作品の中では室内楽が重要な位置を占めているため、ボッツァの大作は比較的知られていません。

 

ルートのための、あるいはフルートとの共演作品を40曲以上書いている。

私は、彼のソロフルートのための音楽を演奏することを特に楽しんでいます。Image op.38は1939年に制作されたもので、1960年から1975年にかけてフルーティストが現代音楽を学ぶために書かれた多くのエチュードとは、愛らしいメロディラインが大きく異なります。

Aria」「Agrestide」「Soir dans les montagnes」は、フルートとピアノのための作品で、難易度は全く異なります。

 

かし、私にとっての絶対的なハイライトは、フルート・カルテットの「Jour d’été à la montagne」です。

第1楽章のパストラーレでは、すぐに羊飼いと羊飼いの鳴き声という典型的な設定になります。このテーマは、4声部の中をさまよい、ほとんど催眠術のような能力を身につけますが、楽章の最後の4分の1では鳥の鳴き声が使われ、再び注目を集めます。

第2楽章「Aux bords du torrent」では、4人の音楽家がテンポの限界に挑戦します。16分音符の3連符が揺らめく中、小川は谷へと流れ落ちていきますが、その途中には奇妙な鳥が同行しています。

続く第3楽章は、「Le chant des fôrets(森の歌)」という美しいタイトルがついていますが、これはまさに、自然に敬意を表した1つの大きな歌です。楽器の最低音から第3オクターブまで、フルートは幸福感に浸り、第4楽章と最終楽章のRondeでは、楽しいリズムとサウンドで陽気に締めくくります。

おそらく、プロのフルートカルテットなら誰もがこの作品を演奏しているだろうし、アマチュアもすぐにフルートを手にして、この美しく輝く音を出せるようになるだろう。😊

 

 

(A.W.)