ページを選択

ーデン湖の上には、旧城としても知られるマースブルク城があり、ボーデン湖の北岸にあるマースブルクの町並みを支配しています。ドイツ最古の人が住んでいた城であり、マースブルクの観光名所の中で最も有名な城であることは間違いありません。住民が住んでいますが、城内の多くの部屋を見学することができます。

 

ースブルク城の歴史

城の由来については、メロヴィング朝の王ダゴベルト1世が7世紀に築いたとする説など諸説あります。メースブルク城は1200年頃の文書に初めて記載されており、13世紀初頭からはコンスタンスの司教たちが所有し、夏の居城として利用されていました。1526年にヒューゴ・フォン・ホーエンランデンベルク司教が司教座をコンスタンスからメアースブルクに移した後、新城が建設されるまで司教たちはメアースブルク城に永住していました。ボーデン大司教区の世俗化の後、1803年にバーデン大公国の手に渡りました。

数十年後、老朽化の危機に瀕していた城をヨーゼフ・フォン・ラースベルク男爵が買い取りました。彼女が亡くなる前の数年間、彼の義理の妹で作家のアネット・フォン・ドロステ=ヒュルズホフ(Annette von Droste-Hülshoff、1797-1848)もマースブルク城に住んでいました。ラースベルクの娘たちは1878年にこの城を古美術家であるカール・メイヤー・フォン・メイヤーフェルスに売却しました。その後、一族が所有し、博物館として見学することができます。

郭博物館

城郭博物館の見学では、35以上の家具付きの部屋を見学することができます。例えば、城内の台所や甲冑、甲冑、城内の礼拝堂などがあります。城の地下牢はかなり不気味で、深さは9メートルもあり、囚人はいわゆる「恐怖の穴」を通ってロープで降ろされていました。単に餓死するために放置されていたこともありました。また、アネット・フォン・ドロステ=ヒュルズホフの寝室や書斎も見学できます。

 

(D. F.)