ページを選択

期の高度な文明以来、奴隷制は地中海の社会的・社会的構造の重要な要素であり、ローマ帝国では経済の大きな柱にさえなっていた。奴隷とは一般的に、人が他人の所有物として扱われる状態を指す。奴隷は人間ではない。古代の近東では、紀元前3千年頃から束縛が記録されていました。ほとんどの古代地中海文化では、固定された法的な制度として確立されました。

古代において、人は通常、戦争での投獄や国外追放、また生まれながらにして、つまり何世代にもわたって、奴隷であった。解放されることは可能であり、その後、社会に溶け込むことも否定されていない。奴隷は、単なる使用人から教師や職人、国家や寺院の役職まで、さまざまな職業に就くことができました。これは、強化されたローマ帝国でも変わらなかった。

勢力範囲の拡大に伴い、ローマ人はますますヘレニズム(ギリシャ文化の導入)を強めていった。古代末期になって、ようやくキリスト教が力をつけてきました。伝統的な価値観を持つ古いローマ文化と、キリスト教という新しい倫理観が衝突したのです。世界観や哲学の違いによる数十年に及ぶ対立は、崩壊したローマ帝国においてローマ・カトリック教会の空前の隆盛をもたらしました。

古代の終わりを告げるこの時代には、新しい時代の流れが生まれていました。しかし、それは古い秩序がすぐに終わることを意味するものではなかった。

 

代末期に移行したローマの人々は、数多くの問題や変化に直面しました。古代世界は根本的な変化の過程にあり、それが中世への橋渡しとなっていた。古代ローマ末期の世界では、奴隷と束縛はまだ経済的に重要な意味を持っていた。州法は奴隷制度を規制するだけでなく、時間の経過とともにより人道的なものにしていきました。しかし、その一方で、束縛の制度も大きく変化していった。

古代末期、教会は迫害されていた宗派から大きな権力を持つまでに同時に発展しました。新たな国教として、キリスト教は皇帝や帝国、さらには長期的な歴史的背景からヨーロッパの政治や経済に影響を与えることができるようになったのです。

例えば、教父であり神学者でもあるヒッポのアウグスティヌス(354-430)も、徹底的に家父長的な基本パターンを表していましたが、彼はそれを実践的な慈愛と社会的連帯と解釈していました。隣人を気遣う人は、自分も判断すべきだ。彼は、奴隷制度の存在を神の意志の一部と考え、主人が奴隷を大切にすることが「不敬罪」という負の苦しみを超えている限り、地上生活の中で奴隷制度を提唱しました。

アウグスティヌスは、その言動の中で、論理的なプラグマティズムと理想主義的なキリスト教的態度との間に一定のバランスを保つことが多かった。彼の作品は非常に影響力があり、彼の神学的・哲学的見解は、中世から宗教改革の時代にかけて、カトリック教会に影響を与えました。

 

力になったキリスト教は、古代末期の世界に溶け込んでいった。それは、時代の流れに沿った実践的な行動であった。しかし、これは結果的には、奴隷制に対して事実上、武器を取ることはなかった。

古代末期の束縛から、植民地や大学、農奴制やギルド制などが徐々に、そして比較的自由に出現することができた。これらは、中世から近世にかけてのヨーロッパの特徴となり、近代初頭までの社会を形成していきました。

 

(Ch.Sch.)