ページを選択

ーロッパの半分がフランス軍に占領され、その皇帝は現在ロシアから撤退しています。プロイセンも被服国の一つであり、大アルメが破壊された後は、愛されていない占領者を国外に放り出すために、国王からの合図を待っているだけである。

 

ォンターヌの最初の小説は、このような背景の中で展開され、ナポレオン支配の末期のプロイセン社会を壮大に描いています。

フォン・ビチェヴィッツ家を中心とした物語。年老いたユンカーのベルント・フォン・ヴィッツェヴィッツは、国王や大臣の許可がなくても、ランドヴァールを育てようとし、息子のレヴィンはロマンティックな崇高さを追い求め、ポーランド人のいとこであるカティンカ・フォン・ラダリンスキーへの愛に苦しんでいました。

それを一言で言うと、このほぼ千ページに及ぶ小説の全体像だ。

 

かし、フォンターヌがいつものように大々的に展開するプロットよりも重要なのは、彼が描くプロイセン社会の肖像画である。彼の関心は、主に旧貴族とその世界に向けられていますが、この本には、各界のマイナーな登場人物も多数登場しており、それらの人物たちは細部にまで注意を払って描写されています。

これにより、この時代のほぼ全貌が把握できます。

しかし、フォンターヌが巨匠であるのは、人物を描くことだけではありません。故郷の雰囲気を描いた作品として知られていた彼は、すでに「ワンダリング」から、この本でもそれが顕著に表れています。細部にまで気を配りながら、各地の歴史的背景、村や城の描写、マーチの風景を目の前に浮かび上がらせてくれます。

 

ラマチックなアクションがほとんどない静かな長編小説。しかし、解放戦争直前のマークスの貴族や農民の世界が雄弁で生き生きと描かれている。