ページを選択

それは主の年1620年11月8日の寒い冬の日で、白山の麓、黄金の都プラハの門を出たところで、皇帝のカトリック軍がボヘミア王のプロテスタント軍と対峙していました。

 

すでに朝靄の中、ティリーのヨハン・トゥセルクラウスの男たちは、寝ている間にハンガリー軍の大群を驚かせ、虐殺していた。

しかし、カトリック軍の大部分が動き始めて初めて、ボヘミア兵が武器を捨てて逃げ始めたのです。勇敢にその地位についた者は多かったが、帝国軍の優勢には逆らえなかった。

このようにして、天皇は自分の家にとって非常に重要なこの戦いに勝利し、こうして反乱軍の力を完全に打ち破ったことが、わずか数時間後に明らかになったのである。

 

それなのに、帝国の司令官たちは朝になって、これが最も困難な時間の一つであることに同意していました。兵力では圧倒的な優位性を持っていたが、白山の斜面に戦略的に配置されたボヘミア軍の優位性は、この優位性を上回るものであった。

バイエルンの司令官ティリーでさえ、聖母の助けがなければホワイトマウンテンは難攻不落のままだと発言した。

伝説によると、勝利は本当に彼女の介入によるものだったという。正午にカルメル会修道士のドミニクス・ア・イエズス・マリアがプロテスタントによって冒涜された聖家族の像を手に帝国の陣営に入ってきたときだけは、兵士たちは自分たちの気負いをすべて忘れて、「サンタ・マリア!」という鬨の声を口にしながら、白山の裏手に突進していった。

 

この敗北は、チェコの国王フレデリック5世の苦い驚きとなった。若さゆえの無謀さに、彼は前夜に軍を離れ、国の重要な用事に専念していた。彼は、これが彼の統治の最後の時間であり、彼が残りの人生を亡命で過ごすことになるとは考えていませんでした。

 

中央ヨーロッパの更なる歴史にとって、この戦いと皇帝の完全勝利は最も重要なものであった。30年戦争という名の下に、ヨーロッパ史上最大の大惨事の前触れとなっただけでなく、ハプスブルク家のフェルディナンド2世がオーストリアとボヘミアの地で完全な再カトリック化を行い、絶対主義者としての権力を主張する機会となったのである。