ページを選択

字通りシェベニンゲンの人々の日常生活に引き込まれるような、ヤコブ・マリスの素晴らしい絵です。

 

民たちは連日、浜辺に集まって漁船の到着を待ち、漁船を陸に引き上げ、漁獲物をふるいにかけていた。

そして、巧みな遠近法の選択によって、まるで私たちが彼らの中にいるかのようです。

 

1870年頃に設立されたハーグ派にマリスが加入した後に描かれるようになった絵画の一つです。

17世紀の芸術家を敬愛していたそれまでの作品とは一線を画していたが、ヨゼフ・イスラエルスが創設したスタイルとの出会いを経て、ヤコブ・マリスは灰色と茶色を基調にした新しい表現方法を確立した。

 

の写真でもよくわかるように