ページを選択

文化史

ダルタニアンの歴史

"みんなのために一本!" - "オール・フォー・ワン" くだらないことで頭をいっぱいにして、杖を手にして、赤い頭で友達に向かって行く前に、この誓いをしたことがない人がいるだろうか?   フランスの作家アレクサンドル・デュマによって考案され、それ以来、多くのペニー・ドレッドフルやテレビ映画で広まった銃士ダルタニアンは、ドン・キホーテやハムレット王子に匹敵する、現代の文化の原型の一つです。...

運河

17世紀初頭、アムステルダムはヨーロッパで3番目に大きな都市であり、大陸の金融の中心地として知られていました。この地で設立された「ヴェレニッヒデ・オースト・インディッシェ・カンパニー」は、アメリカ、アジア、アフリカにまで船を送り込み、初期の世界貿易ネットワークの基礎を築きました。   アムステルダムに移り住む人が増えるにつれ、新しい家が建てられ、街は周辺地域へと拡大していきました。 その過程で、それまで純粋な防御溝であった既存の水路(運河)が拡張され、多数の新しい水路が作られた。  ...

二人の姉妹、テラスで

最後に訪れたイタリアで見た作品の影響で、最後の旅を思い返していたルノワールは、1400年頃に書かれた絵画の手引書に出会う。 この作品とJ.A.D. イングレスの絵画は、この偉大な印象派の人生の新たな段階へのきっかけとなり、現在では「イングレス」の時代と呼ばれています。   それまでの彼の絵画は、清々しく自然体で、原始的な生き甲斐を輝かしい色彩で表現することで知られていましたが、古典主義に傾いた彼の画風は、より厳かで厳格な表現へと変化していきました。...

逸話ナポレオン “ブオナ・パルテ”

それは、地平線上の気象的な輝きのように始まり、たった15年しか続かないであろう旧大陸の顔を永遠に変えてしまうような奇妙な光景だった。   コルシカ人の浮浪者は、かつて西洋の最も強力な王座であったものを征服し、古い生得権が中断されたり、不本意な国が単に征服されたりするように、ここで新しい支配者を戴冠し、古い君主の土地を嵐のように席巻しました。   こうしてナポレオン・ボナパルトは、若くしてハプスブルク家からロンバルディア地方を奪い取り、ミラノをシザルピン共和国の首都とし、フランス共和国の一部とした。...
二人の姉妹、テラスで

二人の姉妹、テラスで

最後に訪れたイタリアで見た作品の影響で、最後の旅を思い返していたルノワールは、1400年頃に書かれた絵画の手引書に出会う。 この作品とJ.A.D....

逸話ナポレオン “ブオナ・パルテ”

逸話ナポレオン “ブオナ・パルテ”

それは、地平線上の気象的な輝きのように始まり、たった15年しか続かないであろう旧大陸の顔を永遠に変えてしまうような奇妙な光景だった。  ...

パリ・オペラ座バレエ

パリ・オペラ座バレエ

ロマンティック・バレエの全盛期がすでに終わっていた頃、画家エドガー・ドガはパリの「アカデミー・ロワイヤル・ド・ダンセ」で学び始めました。...

続きを読む
ウィーンのランドリーガール

ウィーンのランドリーガール

ウィーンのランドリーガールたちは、生き生きとしていて、生き生きとしていて、決して生意気な答えに窮することのない、おかしな人たちだったに違いありません。いずれにしても、これは百年以上経った今でも、彼らが同時代人を愛していたイメージです。...

続きを読む
白山の戦い

白山の戦い

それは主の年1620年11月8日の寒い冬の日で、白山の麓、黄金の都プラハの門を出たところで、皇帝のカトリック軍がボヘミア王のプロテスタント軍と対峙していました。  ...

続きを読む
擲弾兵

擲弾兵

バッキンガム宮殿やロイヤルガードの特徴的な高帽をかぶった写真、グレナディアーズ(擲弾兵)の写真は誰もが知っています。  ...

続きを読む